スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ガンダムグッズ157 ジオン公国軍MS MS-06M ザク・マリンタイプ

2006.09.05(03:49)

icon
iconジオン公国軍の独壇場だった海の中。
連邦海軍を蹂躙したのが水陸両用MSでした。
僕らが最初に出会ったのがMSM-03 ゴッグ
しかしゴッグ親分でも番号は03でしたね。
『じゃあMSM-01とか02って何なのさ?』
という僕らの素朴な疑問を解決してくれる
のが、このマリンブルーが似合う機体
MS-06M ザク・マリンタイプであります!
「チーム水陸両用」の元祖であるこのザク
なかなか不遇な兵器でありまして・・・

1/144 MS-06M マリンザク
icon


『やっぱ地球は7割ぐらい海なんだからさ~。海に潜れるザクがいるっしょ?』
というドズル閣下のシンプル&ストレートな発想により(すいません、嘘です)
開発された水陸両用MSの1号機であるザク・マリンタイプ。
水深400mの水圧に耐えられる耐圧設計が必要だったので、コロニー国家の
ジオン公国内での海中実験は不可能→地球侵攻作戦時に地球へ運ばれたそうです。

水流エンジンのテスト&水中戦用兵装のデータ収集を目的に試作機として
5機が生産され、北大西洋の潜水艦隊「シーサーペント」に配備されました。
(この5機、厳密には前期型と呼ばれMS-06M-1となります)

北米東部ノーフォーク沖にて3週間にわたり実施された第1回総合性能試験
の様子がジオン公国広報部発行の写真集に掲載されて
「ザクは多少の改造で水中でも絶大な戦力となった」
と誇大広告されたそうです・・・。ギレン閣下お得意の世論操作ですな。

後に2機が増産され(後期型 MS-06M-2)特殊対艦用兵装のテストを行い
それぞれ潜水艦隊へ配備されたらしいです。
「シーサーペント隊」へ2機、「レッドドルフィン隊」へも2機、他にも
「ナーガⅢ隊」と「マンタレイ隊」へ各1機ずつであります。

しかし司令部からの要求された性能を満たすことは出来ず、ザク水中対応型
の開発計画は中止。水陸両用MS開発が本格化した段階でMSM-01に改編されました。

役目が終わったザク・マリンタイプは表舞台から身を引き、倉庫で眠って
いたのですが、地中海上陸侵攻作戦時には実戦投入されたそうです。
胸部にブラウニーM8タイプ240mm4連装ロケット・ポッドという兵装を追加して
気合を入れて参戦したのですが・・・(主な任務はMSMシリーズの援護)
大した戦果を挙げることもなく、2,3機を残して撃破されてしまいました。

さらに戦後は連邦軍に接収され、アジア軍管区の海峡警備に働かされる始末…。
ど~ですか?結構このザク、不遇でしょ?

連邦軍が再生産した機体は、RMS-106 ハイザックの部品を使用したので
名称がマリン・ハイザックと呼ばれるのですが、このガンプラのジャケット…
よ~く見ると、マリン・ハイザックって書いてある…。
このガンプラ・・・チクショー!連邦製じゃん!!バカ!!

ふ~、久々にやり始めたPS/機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜
を遊んだら落ち着きました。(やっぱこのゲームは最高ッス!)

水陸両用MSの始祖、ザク・マリンタイプ。
彼がいなければ水陸両用MSは誕生しなかった。今後は師匠と呼びましょう!
敬意を表して、ギレンの野望ではドシドシ量産しちゃいましょう


ブログランキング
スポンサーサイト

ポチッと!ジオニックな支援クリックを!ぜひお願いします!

このエントリーを含むはてなブックマーク
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ g_navibanner_s.gif tbp01490-0.gif




<<TV版 機動戦士ガンダム ZEONIC REVIEW 「マチルダ救出作戦」 | GGB ジオン公国TOPへ | ガンダムグッズ156 機動戦士ガンダム C.D.A.若き彗星の肖像>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://bb8390.blog40.fc2.com/tb.php/210-8a7d9bd8
| ホームへ |
カテゴリー
ジオニックな検索

MSの検索はコチラから↓




GGB POWER PUSH

ノリス大佐とグフカスタム
を目に焼き付けよう!

もう買いました?
毎日見てますか~?

一押しMS!
ジオン公国軍MS

【MS系統】
・MS-01 クラブマン
・MS-02~4 プロトタイプザク
・MS-05 ザクⅠ
・MS-05HS ミノフスキー粒子散布ユニット装備型
・MS-06A ザクⅡA型
・MS-06C ザクⅡC型
・MS-06F ザクⅡF型
・MS-06J ザクⅡJ型
・MS-06FS ザクⅡFS型
・MS-06S ザクⅡS型
・MS-06F2 ザクⅡF2型
・MS-06FZ ザクⅡ改
・MS-06FZ-B ザクⅡ改B型
・MS-06RP ザクⅡ高機動試験型
・MS-06R-1 高機動型ザクR-1
・MS-06R-1A 高機動型ザクR-1A
・MS-06R-2 高機動型ザクR-2
・MS-06R-3 ゲルググ試作機型
・MS-06RD-4 宇宙用高機動試験型ザク
・MS-06D ザク・デザートタイプ
・MS-06K ザクキャノン
・MS-06M 水中型ザク
・MS-06E 強行偵察型ザク
・MS-06E-3 ザクフリッパー
・MS-06V ザクタンク
・MS-06V-6 グリーンマカク
・MS-06W 作業用ザク
・MS-06Z サイコミュ試験用ザク
・YMS-07 プロトタイプ・グフ
・YMS-07B プロトタイプ・グフ
・MS-07B グフ
・MS-07B-3 グフ・カスタム
・MS-07C-3 グフ重装型
・MS-07H グフ飛行試験型
・MS-07H8 グフ・フライトタイプ
・YMS-08A 高機動型試作機
・MS-08TX イフリート
・MS-08TX[EXAM] イフリート改
・YMS-09 プロトタイプドム
・YMS-09D ドム・トロピカルテストタイプ
・MS-09 ドム
・MS-09R リック・ドム
・MS-09R-2 リック・ドムⅡ
・MS-09F ドム・フュンフ
・MS-09F/TROP ドム・トローペン
・MS-09G ドワッジ
・MS-09H ドワッジ改
・MS-10 ペズン・ドワッジ
・MS-11 アクト・ザク
・MS-12 ギガン
・MS-13 ガッシャ
・YMS-14(MS-14S) ゲルググ先行試作機
・MS-14A ゲルググ
・MS-14B ゲルググ高機動型
・MS-14C ゲルググキャノン
・MS-14G ゲルググ陸戦仕様
・MS-14D デザートゲルググ
・MS-14F ゲルググ・マリーネ
・MS-14Fs ゲルググ・マリーネ・カスタム
・MS-14JG ゲルググ・イェーガー
・MS-14J リゲルグ
・YMS-15 ギャン
・YMS-16M ザメル
・MS-17A ガルバルディα
・MS-17B ガルバルディβ
・MS-18E ケンプファー

【MSM(水陸両用MS)系統】
・MSM-01(MS-06M) ザク・マリンタイプ
・MSM-02 水中実験機
・MSM-03-1 プロトタイプ・ゴッグ
・MSM-03 ゴッグ
・MSM-03C ハイゴッグ
・MSM-04 アッガイ
・MSM-04N アッグガイ
・MSM-04G ジュアッグ
・EMS-05 アッグ
・MSM-07 ズゴック
・MSM-07S ズゴック(指揮官用)
・MSM-07E スゴックE
・MSM-08 ゾゴック
・MSM-10 ゾック

最近の記事
ブロとも申請フォーム
BackListNext
Back5RandomNext5
[戻る] [前5つ]
[次へ] [次5つ]
[一覧] [登録] [ランダム]

宇宙世紀同盟
前5 | 前へ | 次へ | 次5
ランダム | 一覧 | 登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。